遺言作成に係る公証人手数料について

 

相続人または遺贈をうける1人あたりの手数料

 

   目的財産額           手数料

  100万円まで           5,000円

  200万円まで           7,000円

  500万円まで           11,000円

 1,000万円まで           17,000円

 3,000万円まで           23,000円

 5,000万円まで           29,000円

  1億円まで            43,000円

 

これに遺言加算11,000円が加算されます。大部分の家庭ではここまでの料金で済みますが、参考までにそれ以上目的財産がある場合ですと、

 

 1億円を超えると3億円まで5,000万円ごとに13,000円

 3億円を超えると10億円まで5,000万円ごとに11,000円

 10億円を超すと5,000万円ごとに8,000円

 

が加算されます。

 

あくまで一人当たりですから、そのところを間違えないようにしてくださいね。

 

なお作成は証人2名を立会人として、公証人の前で遺言内容を口述し公証人はそれを正確に文書化し、遺言者と証人が確認したのち遺言者・証人・公証人が署名・押印します。

 

作成後、原本は公証人役場が保管し、正本と謄本が渡されます。遺言執行者が指定されている場合、正本は遺言執行者、謄本は遺言者本人が保管するのが一般的です。

 

また、作成時に準備する書類として

・遺言者の印鑑証明書・戸籍謄本、

・受遺者の戸籍謄本・住民票(親族以外の人に遺贈する場合)・法人の登記簿謄本(会社等の法人に遺贈する場合)、

・財産特定のための不動産の登記簿謄本・固定資産評価証明書、

・預金通帳のコピー、

・証人の住民票

などが必要になります。

 

 

 

 

© all rights reserved by hachioji anshin yuigon center 2010