相続のお話

相続の開始時期と諸手続き

 

まず、死亡届を7日以内に市町村役場に届けなければなりません。

 

相続は被相続人の死亡とともに、被相続人の財産に属した一切の権利・義務を承継します。簡単にいえば、もらえる財産(=積極財産)ばかりでなく、借金など(=消極財産)も承継しますよってことです。ですから、借金を考えるとどうしようか考えてしまいますよね。そのため、法律では自己のために相続が開始されたことを知ってから3ヶ月間は相続に関し、承認しようか放棄しようかを考える時間を与えています。

 

つまり、相続があったことを知って3カ月間何もしないと借金も含めて全て承認したことになってしまうのです。ですから資産より借金のほうが多いと予測される場合には気をつけなければなりません。

ただ、資産と借金の割合が不明な時には限定承認という便利なものがあります。それは、相続によって得た財産の限度で被相続人の債務及び遺贈を弁済することとするものです。つまりプラス分だけは相続しますよってことです。

 

いずれにしろ3カ月が相続承認の期限ということは覚えておいてください。

 

さらに、相続税の申告・納付を6か月以内に行います。相続税は控除が大きく 5,000万円+1,000万円×相続人数 が基礎控除になりますので、地価の高い所に住んでいる方でなければ、相続税を払わなくてもいいのですが、申告はしなければなりません。これが相続開始10カ月以内です。

 

近親者が亡くなってそれだけでも精神的に辛いのに、これに預金の解約、不動産の移転登記などの作業も加わりますし、遺言書がないともっと面倒な作業が待っています。

 

それは次の項目をご覧ください。

 

 

© all rights reserved by hachioji anshin yuigon center 2010