遺言書き方方程式

 

遺言書には自筆証書遺言・秘密証書遺言・公正証書遺言証書の3種類があります。

 

一般的な比較をすると

 

遺言執行の面倒さ(左に行くほど面倒)

自筆証書遺言>秘密証書遺言>公正証書遺言証書

 

遺言書の真正さの違い(右に行くほど真実性がある)

自筆証書遺言<秘密証書遺言<公正証書遺言証書

 

内容について争いが起きやすい(左に行くほど争いが起きやすい)

自筆証書遺言>秘密証書遺言>公正証書遺言証書

 

では、それぞれの形式によるメリットを整理してみましょう

 

自筆証書遺言:すぐ作れる、安い、内容も存在も知られないで済む

 

秘密証書遺言:内容は誰にも知られない。代筆・点字・ワープロによる作成も可能

 

公正証書遺言証書:遺言執行時に裁判所の確認不要、遺言執行は容易

 

 

それでは、それぞれの方式のデメリットをあげてみます

 

自筆証書遺言:ワープロでの作製不可、紛失・偽造・変造の惧れあり、遺言執行時に裁判所の検認が必要(時間がかかる)

 

秘密証書遺言:証人2名が必要、公証人の費用が必要、公証人役場では作成したことだけの証明なので紛失・内容の不備がある惧れあり

 

公正証書遺言証書:証人2名が必要、公証人費用が必要

 

 

こうしてみると、どの方式が一番後々の争いがないかというと、公正証書遺言が多少の費用はかかるものの、最も安全確実であると言えます。

 

    all rights reserved by hachioji anshin yuigon center 2010